不動産担保ローンは審査も通りやすく無担保ローンに比べて大幅に金利が低くなります。

不動産担保は金利を低くする

基本的にローンを利用しようとすれば担保が必要です。
個人向けのカードローンのように無担保のローンもありますが、限度額が低くなっています。
融資の保全には担保は当然といえます。
担保に不動産を用いて借り入れするのを不動産担保ローンといいます。
無担保ローンは借りる人の信用が担保となっています。
それゆえ信用をあげなければ借入額も増えません。
最初は30万円くらいの限度額ですが、信用があがると100万円以上にもなります。
信用があがるには数年かかることもあります。
それに対して不動産担保ローンではその価値によりますが、いきなり高額の借入金を入手出来ます。
また無担保ローンの金利に比べてかなり低い金利で借り入れることが出来ます。
無担保ローンでは20%近い金利も不動産担保ローンでは数%から10%程度の金利です。
個人の不動産担保ローンの代表は住宅ローンです。
新規に不動産を購入する時に組むローンですが購入しようとする不動産そのものを担保とします。
現在手持ちの不動産を担保として組むローンももちろん出来ます。
いろいろのローンを持っている場合にひとつにまとめる為に不動産担保ローンを利用するのは効率のいい方法のようです。
個人用だけでなく事業用のビジネスローンも不動産を担保にすれば金利も下がります。
無担保の場合は限度額が数千万ですが、不動産の担保があれば数億円にもあがります。
審査も通り安くなります。
個人向けはもちろん事業向けでも不動産担保があれば借入はしやすいのは間違いありませんが、返済の計画が重要です。
不動産を無くす恐れが常にあります。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加