人生の方向を決める教育を生活の事情で機会が失われないよう教育ローンがあります。

教育は本人だけでなく国の将来にも重要

人生の方向を決めるのに最も大きな要素であるといえるのが教育です。
親にとって子供が高学歴で優秀な成績であることは子供の将来の生活を心配の無い安定してすごせる補償と同じであると考えます。
できる限りの事はしたいと思っています。
しかしながら教育費は住宅費や医療費と同じように高額であり、生活費に締める割合は高いと言えます。
しかも必要とする時は期間が限られており、生活の都合で捻出できないとなった時は教育を受ける機会が失われてしまい、悔いを残すことになります。
そのような事を防ぐ為に教育ローンが準備されています。
教育ローンは大きく分けて公的教育ローンと民間の教育ローンの2種類あります。
一般のローンとの違いは金利が低く設定されていることと、支払期間が10年以上に渡る長期間であること、元金据え置き期間があること、親子リレーのできるローンもあることです。
すべての教育ローンがこれらの特徴がすべてあるとは限らないようですが、用途の性質上低金利はどのローンも特徴となっています。
民間の教育ローンの特徴は用途が広く使い勝手がよいことと、審査の期間が短いことです。
公的ローンはなんといっても低金利が特徴です。
民間の教育ローンよりもかなり低い金利となっています。
金額の上限は1000万までのようですが、不動産担保を提出して上限をあげることができる有担保ローンもあります。
生活の事情により勉学の機会を逃してしまうのは、本人のみならず国の将来にも大きな損失となりかねません。
教育ローンはもっともっと活用すべきと思います。
□関連リンク
FXをもっと楽しく
FXは難しいと敬遠されているあなた!何でも経験しないとわかりませんよ。こちらYahooグループのYJFX!でデモトレードに挑戦してみては。

記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加