事業用ローンは用途も多岐に渡り金額も大きくなります。国の金融機関で低金利の融資を受けるようにします。

法人ローンは国の金融機関を優先に

ローンは個人だけではなく、会社も利用します。
個人向けローンでは住宅ローンとか自動車ローンとか使用目的に応じたローンがあります。
会社向けローンは事業ローンといって個人向けローンと区別しています。
ひと言で会社といっても上場会社から個人会社までさまざまな形態があります。
事業ローンは法人ローンともいいます。
会社とは法律上では営利社団法人と分類されています。
営利があれば非営利法人もあります。
社団法人だけでなく財団法人や公益法人もあります。
法人ローンは営利社団法人の個人事業者や中小企業向けに利用されるローンです。
国が行っている事業ローンは新規事業開始、既存事業の拡大のための資金調達、決算時の資金調達、つなぎ資金などの運転資金と設備購入の為の資金用の普通貸付と飲食店や美容院理容関連向けの一般貸付があります。
そのほかにも事業ローンは銀行系ローン、信販系ローン、消費者金融系ローンがあります。
事業用ローンは個人用ローンに比べて金額が大きく用途も多岐に渡ります。
貸し出し条件もさまざまです。
大口ローンとなりますので普通は不動産担保ローンですが、国の金融機関である日本政策金融公庫では無担保連帯保証人不要のローンもあります。
個人ローンと同様に低金利で有利な貸し出し条件のローンを選ぶのは言うまでもありません。
民間の金融機関からの融資で済む場合もあるようですが、金額が大きくなれば直接日本政策金融公庫の支店へ行き融資の依頼をすることになるようです。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加