商工ローンはビジネスローンと名前を変えています。無担保連帯保証人不要の中小企業用のローンです。

急ぎの資金調達について

一時期マスコミによく登場した商工ローンとは中小企業や個人事業者への無担保ローンのことです。
事業主に対する個人ローンであり連帯保障人が必要です。
マスコミが取り上げたのはこの保証人に対して金融業者が恐喝まがいの強引な取立てをしたからです。
現在は問題となった会社は名前をかえ強引な取立てを改め事業を継続しています。
また従来世間が商工ローンに対して持っていた悪質ローンといったイメージもかなり改善したようです。
商工ローンという名称もビジネスローン、スモールビジネスローンというようになりました。
融資元は信販系企業や消費者金融系起業が多いですが、大手銀行のみならず地方銀行、信用金庫も扱いを初めています。
銀行系のローンは金利が数%と低く融資期間も数年から10年までと短いのが特徴です。
融資額も10万から3000万位のようです。
審査に必要な書類は決算書が必要で、決算が良いのか悪いのかによって審査の結果が大きく変ってきます。
審査期間も数日から数週間かかることもあるようです、審査は厳しいといえます。
緊急に資金が必要な時は信販系や消費者金融系のローンに頼ることになります。
審査は2、3日で済みますし、中には当日融資を売りにしている所もあります。
提出する書類も本人確認と事業が証明できる書類でいいようです。
融資額も1億円を超える金額も可能のようです。
ただ金利は銀行系にくらべかなり高めとなります。
15%から40%となるようです。
期間も銀行系にくらべて長くなっています。
どのローンを選ぶかは資金調達の緊急度、必要とする金額などをよく検討してからとすべきと思います。

話題になっているローン、このサイトが手軽で便利です。

記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加